2012年10月09日

最後のページ

こんなに早く、この「幸太郎の気まぐれ日記」の最後のページを書くことになるなんて…
つい最近まで、夢にも思ってもみなかったことでした。
でも、やっぱりどの時間にも永遠はなく…いつかはこの日が来てしまうものなんですよね。

9/21の幸ちゃん

2341.jpg


お盆の後まではそんなことを思ったこともなかったのに、8月の末あたりから、
幸ちゃんがなんとなく疲れているような、夏痩せしたような気がしてて…
もう少し涼しくなったら、一度動物病院に行って診てもらおうと思っていたのでした。

そして9月14日、宇都宮の動物病院で診察と血液検査をした後、先生が言われた病名は、
「自己免疫介在性溶血性貧血」という命に関わるものでした。
その日のうちに詳しい血液検査に出してもらった結果は、一応「陰性」だったのですが、
限りなく疑わしい(他に貧血になる要因がない)ということで、投薬治療が始まりました。

まだ3歳だし、5月末に定期検診で行っていた血液検査では全く異常もなかったし、
外注検査の結果も陰性だったし、もしそうだったとしても早期発見できたのではと、
薬が効いてだんだん良くなるものと、希望を持っていました。

それから2週間、うちでなるべく安静にしながら、薬を飲んでいた頃は、食欲もあり、
このBlogにも登場していた通りに、
少しダルそうではあるけれど、今までとあまり変わらずに生活できていた幸ちゃんでした。

が、投薬の効果無く、2週間後の検査では、もっと数値が悪くなっていて、
エコーもして頂きましたが、
目立った腫瘍等も確認できず、どこかを手術すればいいというものでもなく、
更に強い薬の「免疫抑制剤」を試すしか方法がないということでした。
〜この薬が効かなければ、次は抗がん剤しかないとのお話でした〜

9/26の幸ちゃん

2398.jpg


9/30の幸ちゃん

2466.jpg


そして、その薬を飲み始めてから急に、幸ちゃんの食欲が激減。
わずか4日後の10月1日に…その日だって自分で歩いてお水も飲んだりしてたのに
大好きな自分の部屋で、駆けつけてくれた幸ちゃんの実家のパパとママと私達が見守る中、
夕方、静かに息を引き取りました。

幸ちゃんは、私達の愛情に応えて生きようと、最後まで一生懸命に頑張ってくれてました。
ホントに最期まで、いい子で偉かったです。

天真爛漫で愛らしかった幸ちゃんは、私達にはもちろん、いろんなたくさんの人に愛されて
短かったけど、本当に名前の通りに幸せな犬生を送ってくれたと思います。

2501.jpg


また絶対にこの世に生まれ変わって、私達のもとに帰って来てくれると信じています。
(ハンちゃんに乗り移ってもいいんだよ!って言ったら、ちょっと嫌そうでした…)
あまり悲しむと、幸ちゃん、天国に行って生まれ変われなくなっちゃいますもん…ね。

今まで、幸ちゃんのことを愛して下さった皆様、ほんとうにありがとうございました。
このような突然のご報告になってしまったことをお詫び申し上げます。
皆様の心の中で、そっとお別れの言葉を言って頂ければ、
幸ちゃんとっても喜ぶと思います。どうぞよろしくお願い致します。
この「幸ちゃんの気まぐれ日記」はこのままにしますので、
またたまに、元気な幸ちゃんに会いに来てやって下さい。

そして…看板犬としては、まだまだ半人前のハンちゃんですが、
引き続き頑張りますので、これからもど〜ぞよろしく。

この続きは…「ハンフリーの気まぐれ日記」でまた。


posted by 幸太郎ママ at 12:21| 群馬 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

幸太郎くん 天国に行ったんだってね。

わたしを見つけるとカールルイスのように飛んで来てくれました。そうして
「ワン!ワン!」
といつも吠えてくれました。
(幸太郎が第一発見者だ)
みたいに吠えてくれました。

7日にハンちゃんに会ったよ。初めてハンちゃんからわたしに寄って来てくれました。あの怖がりハンちゃんがキスまでしてくれました。
幸太郎くんがいなくなったからきっとハンちゃんも淋しかったんでしょう。
ハンちゃんを幸太郎くんのぶんまでかわいがります。

丸沼を楽しくしてくれありがとう。安心して天国で吠えてくださいね。
幸太郎くん さようなら。
Posted by 打越 at 2012年10月09日 18:02
幸ちゃんにはいつも会うたびに癒されていました。
(いつもベロベロにされちゃうけど(笑))

ほんとにいつもこういったことって突然ですよね。
生き物を飼うということは、いつか起こることだけど・・・、さみしいです。
 まだまだ、幸ちゃんにベロベロにされたかったのに、幸ちゃんの椅子にされたかったのに(意外と重いんでしんどかったけど。)

いままで、楽しい思い出をありがとうございました。
天国で楽しい時間を過ごせますように祈っています。
Posted by 電気部 at 2012年10月09日 18:55
天国の幸ちゃんへ

不思議草に遊びに行ったときは、
人懐っこく、愛嬌たっぷりにいつも
(尻尾をフリフリ)熱烈歓迎してくれましたね。

幸ちゃんが人を好きなように、
私達も幸ちゃんのことが大好きです。

いままで、楽しい思い出をありがとうございました。

Posted by 電気部員 at 2012年10月10日 16:06
この「気まぐれ日記」で幸ちゃんのやんちゃぶりを見るのが毎朝の日課でした。
このところネットの「お気に入り」でバーニーズの訃報が相次いで、心を痛めてましたが、まさか幸ちゃんまでが..。いくら何でも早過ぎる...。
あんなに元気だったのに信じられません。いつも病気・ケガ知らずの超ハイテンションで我が家のバニもビビリまくりでした。

バニの平均寿命は7〜8歳とも言われてますが、短い間できっと何倍もの愛情と栄養と遊びを満喫したのでしょう。

今度、生まれ変わってくる時はまた、丸沼高原に来てね。
それまで安らかに眠られますように‥‥。


Posted by バーニーカズ at 2012年10月15日 17:37
 ごめんなさい!今日17日幸ちゃんが亡くなった事を知りました。家のリフォームにかかりっきりで、しばらくホームページに伺いませんでした。二人であんまりびっくりして言葉がありませんでした。思わず二人で落涙してしまいました。初代寒ちゃんが亡くなったとき小岩さんの心がどこかに行ってしまったように感じました。でもそうですよね、いたいけな命とお別れしなければならないのですものね。でも幸ちゃんはみんなの思いでの中に生きてると思います。どうぞあんまり悲しまないでください。お父さんお母さんが元気じゃないとハンフリー君が心配しますよ!頑張ってください。
 またスキーシーズンにお世話になります。 
Posted by 宇田川敏昭・由美子 at 2012年10月17日 17:47
急に私の実家を売却することになり、家具不用品の整理、事務手続きなど、てんやわんやの二ヶ月が過ぎ、やっとほっと一息、不思議草の幸ちゃんに癒されに行きたいとホームページを見て、眼を疑いました。冗談でしょ。うそでしょ。涙が止まりません。
八王子に生まれたての幸ちゃんを見に行った時のこと、初めての雪のなか走り回っていた小さな幸ちゃん。
大きくなっても甘えんぼ。だれでも分け隔てなく愛してくれたやさしい幸ちゃん。
あまりにショックでなんて言っていいかわかりません。
幸ちゃんのいない不思議草に行けるかな・・?
Posted by 石川恵子 at 2012年10月30日 11:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。